facebook instagram twitter

株式会社 オオウエ

 和紙問屋として70年以上の歴史を持つ弊社では、全国のすぐれた和紙の生産者様とネットワークを築いています。その一つ、高知の三和製紙では古き良き流し漉き製法による木材パルプ・レーヨンを主原料とした不織布を開発され、フェイスパックや高級キッチンペーパーなどに展開。以前より、弊社でもこの和紙不織布に着目し、新たな商品展開の可能性を模索してきました。その中で新型コロナウイルスの感染拡大が発生。日常の様々な場面で「使い回し・洗い回し」への懸念が生まれ、「使い捨て」の価値が見直されています。

 そこで弊社では、和紙不織布の肌触りのよさや吸水性などを活かし、新たにハンドタオルやバスタオル、シーツや枕カバーなどのリネン製品への展開を軸に、商品開発を進めています。ホテルやエステサロンへのリネンサプライ、また個人向けに来客用の高級タオルなどの需要を開拓していきたいと考えています。