facebook instagram twitter

有限会社 ディレクション

履く人の足に革がやさしくフィット

 約10年前から靴の製造を手がける弊社が得意とするのが「袋縫い製法」という製法です。これは、つま先やかかと部分に芯材を入れず、縫製の段階からほぼ靴の形に縫い上げる手法。革を引っぱらずに作るため、履く人それぞれの足に合わせて革が伸び、足への負担を軽減することが可能です。職人の手仕事が多く、時間も手間もかかる製法ですが、靴の悩みを解消し、ストレスフリーな靴を届けるため、この製法にこだわっています。

靴トラブルに悩む方から喜びの声が続々

 「D’knot(ディーノット)」のブランド名で展開している弊社の靴には、「外反母趾でも痛くならない」「甲高でも大丈夫」「包み込まれるような履き心地」などの声が数多く届いています。この喜びを一人でも多くの方に味わっていただくため、販路拡大が目下の課題です。現在は通販サイトでの販売がメインですが、雑貨店やアパレル店などの販路も開拓していきたいと考えています。小ロットの発注にも柔軟な対応が可能です。