facebook instagram twitter

株式会社 ヤギセイ

100年企業が挑む、高付加価値タオル

 弊社は1919年に、さらし生地の問屋として創業しました。100年以上にわたりBtoBで事業を展開してきましたが、今求められる“清潔さ”に着目し、BtoCの商品開発に挑戦。抗菌・抗ウイルスという機能と、使い心地の良い品質を両立させた商品として「sarana(サラナ)」を開発しました。モニターからは「普通のタオルに比べて部屋干し臭がほぼない」「汗を拭いても臭いが残りにくい」「洗濯後もふわふわ感が持続する」と好意的なコメントが寄せられています。

一流の技術と品質へのこだわりが凝縮

 「sarana」の原料には、栽培中の農薬と水の使用を減らしたオーストラリアの綿を使用し、トレーサビリティと環境にも配慮しました。製造は無撚糸や甘撚り糸を使ったソフトなタオルの製造を得意とする泉州のメーカーに依頼しました。さらに、繊維製品への抗菌・抗ウイルス加工で特許を持つ企業の技術を活用し、丹後ちりめんの産地、京丹後市の丹後織物工業組合で加工。効果の持続性にも自信が持てるタオルに仕上がっています。